にゃいにゃい事件簿

横綱の名を汚さぬよう一生懸命がんばります!

 

昨日はロックインジャパンへ、久しぶりの友達と集まってただひたすら騒ぎました。騒いだといっても、なんだか年を感じてしまって、今後は野外フェスではなくて室内フェスにしよね、と。(笑)室内にしたところでわたしはほとんど曲がわからなくて呆然とする時間の長さがつらいのですけど。こんなにわからないものかと実感しました。吉田拓郎きいてる場合じゃない。いま猛烈に行きたいライブはやっぱり奇妙礼太郎なんですけどね。

 

そしてきょうは上野で開催されてるポールスミス展に行きました。先週は両国の大妖怪展。謎の展示会ブーム。ポールスミス展、よかったです。芸術家は常に新しいものを求めている人なんだなと思いました。新しいものを求めるという信念を曲げないといいますか、そういう意味ではまったくブレない、ブレているけどブレていない。良さを決めつけて安定していないことってすごく格好良いなと思いました。

 

夜は、彼に仕事の愚痴をぽろり。あまり仕事の愚痴は言いたくなかったけれど、言葉にしたら少しだけ軽くなりました。ああ、単純に嫌いなんだなあって。ごちゃごちゃ正当化しようと自分の中で頑張ってはいたけれど、生理的に嫌いなんだなって。頼れる人に相談するしかないとは知っていながら面倒で避けてきていて、避けてるわたしも駄目ですね。相談してなにも変わらない状況になったら身の振り方は考えていきます。

 

しかしやっぱり相変わらずひとりで仕事をしたいです。25歳までには形にできてたら良いなあ。目標、決めていきます。