読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゃいにゃい事件簿

横綱の名を汚さぬよう一生懸命がんばります!

きょうは百円の恋を観ました。

 

序盤は、こういうことってあるんだろうなあという感じで観ていたんですけど、安藤サクラさんの本気加減。女優って、凄い。最後の試合のシーン、映画なのはわかっているのに、映画のはずなのにあんな結果に。でも、最終ラウンド(なのかわからないんですけど)に一瞬でたあのパンチ、人間って本当に底力でああなるんですよね。倍になって返ってくるんですけど、意地というか怒りというか。

 

というのも、空手の試合を思い出して。最初で最後の。とんでもなく小さかったわたしなので親には心配されてたんですけど、そのときの先生に背中を押され組手(防具をつけて直接パンチキックで戦う試合)をやることに。相手は帯の色も格上で背もおおきくて、始まる前からオーディエンス絶望!!!ってかんじだったとおもうんですが、それほど挫折を味わったことのないわたしにはあまり実感なくて。

 

秒殺ですよね。

 

一瞬でポイントとられました。わたしってこんなに弱かったんだと、手も足も出ずこのままひるんでるだけしかできないんだと。相手の懐に綺麗にパンチやキックが入ると高いポイントが入るようで(よく知らないんですいまだに)バッシバシやられましたね。ひたすらパンチを食らうわたし。ふと観客席の二階を見たら母は泣いてましたし父は叫んでたんですよね、聞こえなかったけど。ずっとやられ続けて、ああこの試合はやく終わらないかなどうせ負けるんだもんなあなんてぼんやり考えてたりして。そうしたら重くておっきなパンチが入ったんです、相手の。その瞬間にあたまがまっしろになって、わたし右足が上がってたみたいです。まさかの回し蹴り。初ポイント。

 

相手びっくり、わたしもびっくり。(お互いひるむ)

 

その後、倍になって相手の攻撃を受けながら試合終了です。我が家のなかで、あの伝説の回し蹴りは笑いのネタになっていますが、あのときはじめて本能っていうものを感じた気がします。そんなことを映画を見ながら思い出しました。なんで空手なんて始めたんだろうと考えましたけど、もうあの頃からわたしは「人と違うような」「普通じゃないような」があったんですね、多分。小さくて弱く見える自分も嫌いでしたし。

 

またなにか、始めたいと常々思っているのに動けていない自分です。仕事でいっぱいいっぱいになるのは違うのになあ、もっとじょうずに全部やりたいです。家事も仕事も趣味も。

 

安藤サクラさんの演技は演技のように見えない本物でしたし、新井さんのクズっぷりも嫌いじゃないですし、観てよかったと思える映画でした。

 

 

 

昨日はロックインジャパンへ、久しぶりの友達と集まってただひたすら騒ぎました。騒いだといっても、なんだか年を感じてしまって、今後は野外フェスではなくて室内フェスにしよね、と。(笑)室内にしたところでわたしはほとんど曲がわからなくて呆然とする時間の長さがつらいのですけど。こんなにわからないものかと実感しました。吉田拓郎きいてる場合じゃない。いま猛烈に行きたいライブはやっぱり奇妙礼太郎なんですけどね。

 

そしてきょうは上野で開催されてるポールスミス展に行きました。先週は両国の大妖怪展。謎の展示会ブーム。ポールスミス展、よかったです。芸術家は常に新しいものを求めている人なんだなと思いました。新しいものを求めるという信念を曲げないといいますか、そういう意味ではまったくブレない、ブレているけどブレていない。良さを決めつけて安定していないことってすごく格好良いなと思いました。

 

夜は、彼に仕事の愚痴をぽろり。あまり仕事の愚痴は言いたくなかったけれど、言葉にしたら少しだけ軽くなりました。ああ、単純に嫌いなんだなあって。ごちゃごちゃ正当化しようと自分の中で頑張ってはいたけれど、生理的に嫌いなんだなって。頼れる人に相談するしかないとは知っていながら面倒で避けてきていて、避けてるわたしも駄目ですね。相談してなにも変わらない状況になったら身の振り方は考えていきます。

 

しかしやっぱり相変わらずひとりで仕事をしたいです。25歳までには形にできてたら良いなあ。目標、決めていきます。

 

 

日付が変わってしまったけれど本日は8月10日です。先月は交際が始まってから1年経ち、本日で1年と1ヶ月でした。丁度1年の日には大きい仕事がありすっかり頭から抜けていてとてもとても後悔をしたのでせめて今月は、と思い、外出帰りにシャンパンを購入。祝うことがしたいのではなくて、なんといいますか、感謝でしかないです。新しい気持ちをくれてありがとう。新しい生活をくれてありがとう。言葉にしなきゃ伝わらないのは重々承知で、これはほんの気持ちとして一緒に時間を過ごしたかっただけなんです。こうして一緒に時間を過ごせることをわたしが改めて実感できれば良いんです。そうしたらきっとまた明日からこの毎日を大切にできそうだから。これからもきっと続く生活が、かけがえのないものでありますように。

 

いつもありがとう。

 

相変わらずてんやわんやで今日も泣きそうになるくらい仕事が多かったけれど、いまは余計なことを考えずにとにかくがむしゃらにやってみます。納得いくまでがむしゃらに頑張って、ほかにどうしてもやりたいことが出てくるまで、いまわたしはこのお仕事のプロとして頑張ります。愚痴を言うより努力していたい。前までのわたしと変わっていきたい。どんどん変わっていきたい。

 

我慢することは苦手じゃない。ただ、魅力的な人は我慢してなんかない、のでは。

 

 

頭が痛い。

 

こういうところが甘えなんだなとつくづく思います。ナニクソ根性というものがほぼないです。言われれば言われるだけただひたすらにやる気がなくなってしまって、自分のやるべきことが見えなくなっちゃったりします。自己評価が高いのかもなあと最近思いました。ふん。自分はほんとうはなにもできないこと、受け入れられたらまたなにか変わるのかな。

 

だれかと比較されることが苦手。その分わたしもだれかとだれかを比較してしまってる気がして。もっとさらさら流れるような女の人になりたいです。ふわふわもガツガツも違くて、さらさらしている人。柔らかく感情が動いて、でも足元は動かないような、そんな感じの人。きょう利用者さんに「家庭環境がすべてですから、なにも変わりませんから」と言われ、ふむと思ったけれど、はたしてほんとうにそうなのか。わたしは姉と兄の背中に隠れてうまいことするする抜け出してきていざというときは助けてもらっていてなにもひとりではできないまま大きくなりましたけど、ほんとうにその性格が家庭だけかというと違うなあと思います。自分がやらなかっただけ、自分がしなかっただけ、自分が考えなかっただけで、あとすこしの思いきりがいくつかあったらもっとちがうわたしが居たと思うこともあります。実家を飛び出したのも、わたしには一大決心でしたし。だからきっと、ほんのすこしの思いきりが重なれば、と伝えていきたいですね。(人のこと言えないくらいまだまだ未熟です。)

 

よし、あしたも頑張ります。

 

 

本日は8/1です。千代の富士が亡くなったらしいです。そんな出来事とは裏腹に晴天の空、夏らしくなってきた。けれど今年の夏もきっと一瞬で終わっちゃうんだろうな。夏は嫌いだけど好き、という理由はですね、根本的に暑いのが苦手だけど夏の夜に半袖短パンでぼんやりする時間が好き。あいつら人間には内緒だぜ。(ここでThe SALOVERSの夏の夜が流れます。)

 

昨日はお台場に行ってきました。DMM PLANETSっていう、アート作品の中に入り込めるブースをお目当てに。終始すごいすごいと子どものように楽しんでました。それと、思いもよらない水の登場で、ジーパンで来ていた彼は足元が濡れて文句を垂らしていましたね。そんなことも含めて面白かったです。帰りには東京タワーに寄って、彼は写真家としての気合いが溢れてしまっておまわりさんに怒られてました。彼と出会ってからあちらこちらに出掛けるようになって、新しい場所をたくさん知って、休日が楽しい。一人で暮らしていたときの休日は、掃除と昼寝とテレビ。それ以外過ごし方がわからなかったけれど、よくまわりを見ればもっと横浜でたのしめることなんてたくさんあっただろうな。

 

きょうは名刺を作っています。それと、絵の描き方が自分の中でわけわからなくなってきているのでたくさんの絵を見てます。会社で認められるような言葉をもらうのはすごくうれしいしもっと頑張りたいと思えるけれど、時間に縛られずに自分でなにか作り上げたものに対して評価されたい。ていう気持ちも出てきてる。時間に縛られて毎日の生活が嫌になって仕事を1年で辞めたのは事実だけれど(思い切りがすごい)、これは完全に彼の影響だと知ってます。なにかを売るにしたって、作るにしたって、ファンがいないと本当の0からのスタート、時間がかかりすぎ。彼のやってることも少しは理解できてるつもりでは居ます。生活を合わせたいというのもあるけれど、彼の言う通りでわたしはまわりと違うなにかが欲しいだけなのかもしれない。そう思い込んでるだけなのかもしれない。もともと人が集まってくるタイプでもない、ふうむ、かんがえます。